お薦め

樹枝状細胞

日本人の病気での4人に一人はがんになるといわれている時代です。
以前に比べて早期発見や、治療法に関してもとても進化してきました。
それでも死亡率がどうしても高いのが、がんという病気です。
なぜならがん細胞の繁殖はとても速いということと、初期症状が分かりにくいということです。
なので見つかった頃には、進行が進んでいて治療が困難なことがあります。

そんながんの最新医療の一つとして、注目されているのが免疫細胞治療法です。
まず健康な免疫細胞を体内から取り出します。
その後、免疫細胞をまずは体外で増殖させます。
増殖することで免疫力も上がった細胞をまた自分の体内に戻すという治療方法です。
その治療法は、免疫力をより高めた細胞ががん細胞を直接攻撃してくれます。
この免疫療法を行うにあたり、樹枝状細胞の働きはとても重要です。

樹枝状細胞とは、免疫細胞のなかのマクロファージという細胞の分類に含まれます。
このマクロファージは別名、抗原提示細胞と呼ばれています。
まずがん細胞を見つけた場合、このがん細胞を体内に取り込み分解します。
そしてその分解して得た情報を、表面化させます。
すると免疫力がある、リンパ球やヘルパーT細胞などに攻撃をするように信号を送ることができます。
その働きにより、免疫細胞治療は可能になります。

また樹枝状細胞は、血液の流れに乗って体中の様々な臓器や組織に入り込むことができます。
なので様々な臓器のがん治療に効果的に使うことができます。

免疫細胞は今までのがん治療の大きな違いは、治療での痛みが少ないということです。
通常のがん治療は、がん細胞を撃退するために、健康な細胞も一緒に破壊しなければいけませんでした。
その結果、副作用という形で様々なつらい症状が起きてしまいます。

免疫療法は、がん細胞だけに直接攻撃をし、他の健康な細胞に害を与えません。
さらに自分の免疫細胞を取り出してつかうので、拒否反応や感染症などといった心配はいりません。
今はまだ保険適用外の治療法ですが、これからのがん治療に大きな進歩です。
ますますの発展のためにも、樹枝状細胞の働きはとても重要になります。