お薦め

獲得免疫

私たちの体は、常に健康にいれるようにと日々免疫細胞が働いてくれています。
よく免疫力が低下すると、体調が崩しやすくなりますよね。
いつもならこのぐらい大丈夫と思っていても、疲労や生活習慣の乱れでたらだが弱っているときもあります。
そんな時は、免疫力も一緒に低下してしまっています。
なので、風邪をひきやすかったり、体が重かったり、だるかったりなどという症状が出てしまいます。

そういった状態にならないためにも、免疫細胞がどのような働きをしているのか知っておきましょう。
免疫細胞の働きを知ることで、免疫力を高めようと気をつけることができます。
自然と生活習慣も変わっていくと思いますので、大事なことです。

まず免疫細胞には、二種類あります。
一つ目が、自然免疫です。
これは生まれた時から、人間の体内に存在する免疫細胞です。
体内にウィルスの侵入がないか、もしくは正常な細胞ががん細胞化していないか、常に体内を循環して監視してくれています。
この自然免疫が、体外から敵とみなすウィルスを発見して、攻撃してくれています。

しかしそのまま放置されていたら、どんどん繁殖してしまいます。
そうなると、私たちの体がくしゃみや、鼻水、せきなどの普段発症しない症状が生まれてきてしまいます。
なので初期の段階で、どこまで自然免疫細胞が活発に働いているかで大きく変わってきます。

そしてもう一つの免疫細胞が、獲得免疫細胞です。
この細胞は、自然さ免疫細胞が破壊しきれなかったウィルスを、自然免疫細胞とともに撃退する働きがあります。
自然免疫細胞の中のマクロファージが、ウィルスが来たことを獲得細胞のヘルパーT細胞に伝達します。
そのヘルパーT細胞が、ウィルスを攻撃せよと細胞障害性T細胞やB細胞に指示を出します。
そして、得た情報をもとに細胞障害性T細胞が、ウィルスを直接攻撃してくれます。

同時にB細胞が親友してきたウィルスの抗体を作ります。
同じウィルスが侵入してきたときに、備えてくれます。
よくおたふく風邪は一度やったらかかりにくかったり、水ぼうそうなども二度目は症状が軽くて済みます。
それは、体が抗体を持っているからです。

獲得細胞の特徴は、体内が感染して発症したウィルスの抗体を作り上げることです。
なので抗体が増えていくほど、体は強くなっていくということです。
免疫力が高いほど、免疫細胞の働きも活発化します。
病気を重症化させないためにも免疫力を高めることは重要なことです。
免疫細胞と白血球について詳しく解説しているサイトがありました。とても分かりやすいのでオススメのサイトです。