お薦め

細胞障害性T細胞

私たちの体は、免疫によって守られています。
よく免疫力を上げる方法、免疫力の低下など、免疫というフレーズをよく耳にします。
免疫というものはどういう形で、働いているのかまでご存じな方は少ないのでないでしょうか。
免疫は大きく分けて二つに分かれます。
まず一つ目は、自然免疫です。

自然免疫とは、もともと体内にある細胞によって、体内のウィルスを攻撃するという方法です。
自然免疫には、マクロファージやNK細胞によってウィルスを分解し撃退していきます。
その時にウィルスの侵入を信号として、もうひとつの免疫に働きかけます。

そのもう一つの免疫が、獲得免疫です。
獲得免疫は、自然免疫から指示を受けたヘルパーT細胞は、ウィルスを攻撃するように指示します。
その指示を受けて攻撃するのが、細胞障害性T細胞です。
細胞性障害性T細胞は、別名でキラー細胞とも言われ、最近ではCTLともいわれています。
特に自然免疫では除去しきれないウィルスが侵入してきたときに、この細胞性障害T細胞が働きます。

それと同時に同じ獲得免疫のB細胞がウィルスに対する抗体を作り上げ、今後同じ病原菌が体内に入り込んだ場合、
ウィルスの特徴などをきちんと覚えていますので、細胞障害性T細胞とB細胞はその時に備えることができます。
特ににこの獲得免疫については、がん細胞へ直接働きかけることができるので、がんの最新医療法として活躍しています。
自分の免疫細胞を取り出して、増殖させて活発化させた細胞を体内にまた戻すことで、体の免疫力が上がります。

また攻撃するべくがん細胞の特徴を覚えさせ得ることで、そのがん細胞だけを攻撃することができます。
通常の抗がん剤では、正常な細胞まで破壊してしまいます。
しかし免疫細胞では、がん細胞のみに働きかけるので、副作用などがあまりなく治療効果が高まります。

まだ保険適応外なので、高額医療の対象になってしまいます。
広く一般的に広まるまでには時間がかかるかもしれません。
でももし自分や大事な人ががんになってしまったときに、このような治療法があると知っておくことが大切です。