お薦め

自然免疫

私たちは日常生活を当たり前のように、何気なく過ごしていますよね。
でも私たちが健康でいられるのは、毎日自然免疫によって守られているからだということを知っていましたか?
免疫という言葉はよく耳にしますよね。
でもその免疫には、2種類の免疫があります。
まず一つが自然免疫で、そしてもう一つが獲得免疫です。

この二つの免疫によって私たちの体は、外部からのウィルスを退治してくれています。
まずは自然免疫が、ウィルスへの侵入を確認し、攻撃をします。
しかしこの自然免疫だけで、ウィルスが撃退できなかった場合に、獲得免疫が働き始めます。

これをわかりやすく説明すると、風邪をひいたときの症状に置き換えるとわかりやすいです。
風邪をを引く前に、ほとんどの人がのどの痛み、鼻水、くしゃみなどの軽い症状が現れますよね。
まずこの状態の時、体内にウィルスの侵入した瞬間です。
ウィルスが侵入すると体のあちこちを攻撃している状態です。

そこからより侵入してくると、発熱やおう吐や寒気などの風邪の症状が悪化します。
ここで初めて免疫細胞が活発化します。
まず自然免疫の中のマクロファージの中の好中球が、風邪のウィルスを食いつぶしていきます。
さらにウィルスに感染した細胞を、NK細胞が攻撃して破壊させます。
その破壊した細胞を、マクロファージが食いつぶしていきます。
こうして体内のウィルスを殺してくれているわけです。

しかしこれでも完璧に撃退しきれない状態があります。
その時は、自然免疫のマクロファージが、獲得細胞のヘルパーT細胞にウィルスが来たという知らせを伝えます。
するとヘルパーT細胞は、細胞障害性T細胞とB細胞にウィルスを攻撃するように指示を出します。
この時が風邪の症状で、一番ピークな時です。
この獲得細胞がウィルスを撃退したと同時に、風邪の症状も完治へと進んでいきます。

ウィルスが侵入していない時でも、自然免疫のNK細胞が体内を循環し異変がないかパトロールをしてくれています。
特に生活習慣病から発生しやすい、がん細胞も監視してくれています。
ウィルスから体を守るためには、免疫力を衰えさせてはいけないということがよくわかりますよね。
また、こちらのおすすめサイトには免疫細胞をサポートする栄養素についての解説があります。免疫を高めるのに役立つサイトです。